研究発表

2017年10月13日

東海大学医学部および東北大学大学院との共同開発・研究成果を発表
ナラティブ・ベイスト・メディスンを実現するためのメディカル・コーチング:医学的根拠と日本における開発

ハーバード大学所属 McLean Hospital と外郭団体 Institute of Coaching による学会で、東海大学医学部の安藤潔教授が、コーチ・エィと共同で開発した医療従事者向けのコーチ・トレーニング・プログラムについての発表を行いました。

コーチ・エィは、2010年に東海大学の安藤潔教授、東北大学の出江紳一教授と共同で、医療従事者向けのコーチングプログラム「MCTP: Medical Coach Training Program」を開発しました(注: 現在は提供を終了)。今回の学会における安藤教授の発表内容は、MCTP開発に至った研究結果(「患者様へのコーチング活用による効果」)をまとめたものです。

発表タイトル:Clinical Evidence Development of Medical Coaching for Narrative Based Medicine in Japan(ナラティブ・ベイスト・メディスンを実現するためのメディカル・コーチング:医学的根拠と日本における開発)

詳細はこちら >

研究発表一覧